2017年4月1日土曜日

金・銀インクの専用メッシュとは??

SURIMACCAインクに新しいカラーが仲間入りしました!

ゴールド と シルバー です!!

今までは、箔でしか表現出来なかった金と銀がついに登場です。
キラキラさせたいけど、ラメが版に詰まって刷れない…
刷りやすいけど金に見えない…
もっとキラキラさせたい!など、
ターナー色彩さんと試行錯誤しながらやっと出来上がった インクです!

早速試してみよう!と、インクのみ買おうとしているお客様…
✋✋✋ちょっと待って下さい!!! ✋✋✋

こちらのインク、ラメが入っているので必ず専用の製版で使って頂きたいのです。 

 これから使おうとご検討の方も、版は専用の物をお買い求め下さいね。

実際に実験しましたのでご覧ください↓


生成りの布に刷ってみました。
左から【120メッシュ】【70メッシュ】【金・銀専用メッシュ】です。

写真できらめきが伝わりづらい…
インクの落ち具合は確認して頂けると思います。

左の2つ【120・70メッシュ】は版にインクが残ってしまいキレイに刷れません。
↓こんなに詰まっています。2回刷っただけ
金・銀専用メッシュだと↓
 孔からインクがしっかり押し出されているのがわかりますか?
写真下手くそ問題…

金・銀専用メッシュは、70メッシュの版にクリーナーをかけて
インクの通りを良くしています。
いくつか刷ったので見比べてみて下さい!

同じ要領で紙にも刷ってみました↓
 120メッシュなんてほぼ黄土色…キラキラ感ありません。

 アップバージョン!写真でキラキラ感が伝わらないのが残念
文字は小さいとかなり読みづらいのでオススメ出来ませんがベタがキレイ!!

やっぱり濃い生地にどの様に発色するかも気になるところ。
黒い布に刷ってみました↓

 黒地にめちゃくちゃ映えます✨
写真で見ると120や70でもいいんじゃない?!と思いますが…
やっぱり実際に見ると120と70では色が薄いです。 

ちょっとアップに!↓
 黒に金ベタがオススメ!!とってもキレイです!

さて、続きましてはシルバーのサンプルを…
 写真問題はお許しください…😢
やはり、明らかに120・70メッシュは薄いんです!
なんならグレーを刷っているみたいになります。
版の詰まりを見比べれば…↓
 ↑うっすらと孔を塞ぎ詰まってます。


↓孔からインクが押し出されています。 
 刷り終わって孔から向こう側が見えないのは要注意!
次に刷る物が掠れます…

やっぱり専用メッシュでないと、ラメ感が出ません。


写真で伝わりづらいかと思いますが、実物は120・70メッシュ共に
かなり薄い仕上りになります。

せっかく作った版が目詰まりしてすぐに使えなくなってしまうのは勿体ない!
金・銀インクを使われる際は必ず専用の版をご使用下さい! 

2017年3月27日月曜日

【MAZEMAZEINK】たくさん作りました(その一部)

混ぜ始めると止まらない、MAZE MAZE INK!!


新しく発売した「ネオンカラー」を混色してどんな色が作れるかの実験をしてみました。
たくさん作りすぎて、記事にアップするのが大変なスタッフTです。
今回は「ネオンピンク」「ネオングリーン」を使った2色を紹介していきます。

お店にはインクを自分好みに調合するスペースがあります。
その場で作ったインクは「MAZE MAZE INK」と呼んでいます。
ワークスペースで使ってもらっても、持ち帰ってもらっても大丈夫!
ぜひインクと遊んでみてくださいね。

それでは作ったインクを紹介していきます。
まずはこちらの動画を御覧ください。

春を感じる「こだわり梅色」と、作りたい色と違う色ができちゃった実は「広がる空色」
この2色はどちらも「MAZE MAZE INK」です。

それではインクの割合を見ていきます。


「こだわり梅色」


ネオンピンク2、こってりホワイト1、クリア2、レッド1の配分となっています。
たくさん色を混ぜすぎると何が何だかわかんなくなっちゃいますね!
でもキレイに作れました!さすが「ネオンカラー」!
※「ネオンカラー」は蛍光色なので、混ぜても発色がよくなります。

「広がる空色」

ネオングリーン1、ブルー1、アクア1の配分となっています。
爽やか間違いなし!でも本当はもう少し青みの強いインクを作りたかった!



今回は「こだわり梅色」と「広がる空色」を作ってみました。
インクを混ぜると深みがでたり、予想外な色ができたりします。
またインクが混ざりきっていない状態でシルクスクリーン印刷してみるのも一つの手です。

新しい発見を求めてぜひみなさんも試してみてくださいね。

2017年3月20日月曜日

MAZEMAZEINK】2色MAZEMAZE!

おこんにちは!
ぽかぽか春を感じてるスタッフNです!

私もMAZEMAZEしてみました。
ネオンインクを活かして明るめの色を作ってみましたよっ◎


◎ひとつめ

ネオンピンク×ネオンイエロー


まぜまぜまぜまぜ…

じゃん!キャロットネオンオレンジだ~~~!

鮮やかできれいなオレンジができました◎
スリマッカインクにはまだオレンジがないので新鮮!
グリーン系の色と合わせて刷りたいです。


◎ふたつめ

クリーム×ネオンピンク

まぜまぜまぜまぜ…

じゃん!ファンシーピンクだ~~~!


パッと見、コーラルかと思いきや比べてみると全然違い、とってもファンシー!
きれいだと思っていたコーラルがにごって見えました。(コーラルも素敵な色ですけどね!)
コーラルもびっくりなきれいな発色です。
クリームがいい味出してます◎

どちらもきれいな発色を写真でお伝えできないのが悔やまれます…

自分だけの色が作れるとプロフェッショナルな感じがしますね。
混ぜながら、小さい頃好きだった「ねるねるねるね」を思い出して
懐かしい気持ちになりました。
またねりたい、、じゃなくて混ぜたいと思います。

2017年3月15日水曜日

【MAZEMAZEINK】ネオングリーンをMAZEMAZE!

こんにちは~!緑色が大好きスタッフSです!
今回のMAZEMAZE企画、迷わずネオングリーンを使うと決めていました!

さて、緑から何を作るか…だって緑が好きなんだもん。

と、言う事で青っぽい緑を作ろう!とゴールを決めました。

ゴール(目標)を決めることは人生においても 大切な事だと思うのです。(何の話…)
そう、何を隠そう私無意識に緑を作ってしまうのです(笑)

最初に作ったのが、お見せ出来ないほどにただのグリーンになってしまったのです。
皆さんもMAZEMAZEは計画的に!
思わぬ色が出来るのも楽しいんですけどね。

今回完成した色はコチラ!!!

 \てってれ~~~~!

ラムネ色が完成しました!
うん!なかなか可愛い!
レトロ印刷のラムネ色に近い色が出来ました✨

さて、この子のレシピです。

ブルーをベースにネオングリーンをMAZEMAZE…
グリーンに近づいたのでネイビー投入!
グッと色が深まっていい感じです♪

せっかく作った色なので、これを使って何か刷ろうと思います。

皆さんも自分オリジナルの色をMAZEMAZEしてみて下さいね~!

次は何色が出来るかお楽しみに~!

2017年3月13日月曜日

【MAZEMAZEINK】ネオンピンクをMAZEMAZE!

今回は、” ショッキングピンク ”!?

SURIMACCAの新色「ネオンピンク」は

そのままでも十分発色の良いピンクですが、

もっと どぎついピンク を作りたい!

と、いうことで作りたい色をイメージしながら

まずは少しずつ、まぜまぜ。

途中、これは蛍光レッドではないのか…と不安になりつつ

完成したのがコチラ!




見た目よりかわいらしい濃いめのピンクが完成!

思ったよりどぎつくなりませんでした。。。

「 レッド 」の発色が強く、見た目だとすごく赤くなったので、

ビビッて1割しか入れなかったら意外とかわいくなりました。

もう少し冒険してみても良かったですね。



予想では 7 : 3 ぐらいかと思っていましたが、実際は 8 : 1 でした。
実は、わたしはMAZEMAZE初体験でしたが、
他にもいろいろ試してみたくなりました!
 みなさんもぜひ MAZEMAZE してみてくださいね~♪
欲しい色は自分でつくってしまいましょう!


次はあの色が登場!?
お楽しみにー!!

2017年3月11日土曜日

【MAZEMAZEINK】ネオンイエローをMAZEMAZE!

今回は、”アイスグリーン”


自分の作りたい色をイメージしながら

まずは少しずつ、マゼマゼ。

あれ?と思いながらマゼマゼ。。

完成したのがコチラ★




爽やかな色が完成しました!

作った感想は、思ったより「ネオンイエロー」の発色が強く

少量でも黄味が強く出ました。


2:1ぐらいを予想してたのですが7:3でした!?


そして、刷ってみて発見!

紙と布で発色が違いました。(左上:紙 右下:布)

布の素材にもよりますが、今回の場合は紙の方がインク色に近く

布の方がインク色よりも濃くなってます。


みなさんも是非 MAZEMAZE してみてくださいね~♪

実験みたいで楽しいですよ!

次は何色でしょう?お楽しみに☆

2017年3月7日火曜日

【MAZEMAZEINK】ネオン3色揃いました記念!MAZEMAZE月間!


3月5日に新色ネオンイエローが発売開始!
ネオンカラーが3色揃いました!


蛍光色は、単体でも素敵な色ですが、
混色するとき、大活躍!
くすみがちな混色も鮮やかに仕上がりますよ~!

今月はネオンカラーを使ったMAZEMAZEインクを続々とご紹介!




今回の色は ”ミモザ”


同系色の混色をしました~!


ネオンイエロー8とイエロー2!

ミモザの花みたいな、華やかな黄色に仕上がっております~!


黄色は視認性が悪いので文字にはむきませんが、
全体を華やかにしてくれるイケてる色ですよね!


画面じゃとっても伝わりにくいですが(笑)
イエローともネオンイエローとも違うさわやかな仕上がり!


同系色の色を混ぜても楽しめるMAZEMAZEインク~!
こだわりカラーを作りましょう~

鮮やか発色にしたいときにぜひ、ネオンインク使ってみてくださいね。


MAZEMAZE月間!

意外な組み合わせも、みたことない色も登場するかも?!
お楽しみに~★



2017年2月17日金曜日

【MAZEMAZE INK】!新色!ネオンピンク×???

SURIMACCAインクは水性なので混ぜて使えるんですよ

でも「混ぜてて思ってたより色が沈んでしまったなぁ」って
ことありませんでしたか?

そこで使えるのが新発売の『ネオンピンク』!!



ネオンピンクブルー:ホワイト2:2:1で混ぜると…

キレイな藤色に♪




混色でも発色の良さを発揮する『ネオンピンク
グリーンイエローもどんな色が出来るのか楽しみです!

混ぜてオリジナルの色を作ってみてくださいね

2017年2月16日木曜日

いろいろな金属に電解マーキング印刷!


いろいろな金属に電解マーキング印刷!


「電解マーキング印刷」はシルクスクリーンの版を使って金属に印刷をする手法です。
インクを使わず、電解液という液体を使うだけなので、実はとっても簡単に印刷できます!
金属素材が電解液に触れることで金属の表面が化学反応を起こし、色が変わる印刷方法!


お店にある電解マーキング印刷機はステンレス専用のものとなっていますが、
金属ならどれでも反応します。ステンレスならはっきりと黒く印刷されるのが特徴です。


今回の実験では、どの金属素材がどんな色になるかを見ていきます!
さらに!電解マーキング印刷機には黒く印刷する方法と白く印刷する方法
(エッチングのように素材の色をそのまま活かした方法)があります。
機械のスイッチをパチパチと切り替えるだけで印刷方法を変えることができます。
この黒と白の印刷のできばえも合せて見ていきます!

動画は真鍮に印刷してみた様子です。
上側が黒く印刷したもの、下側が白く印刷したものです。
【BLACK】真鍮もしっかり黒く印刷できています!
【WHITE】はじめは黒く印刷される?と思いきや拭き取れば白くなりました!

黒と白がしっかりと映えています、、!
出だしいい感じではないでしょうか、、!
ステンレスだけだと思っていたので、案外いけそう!
それではもっと詳しく見ていきます!
写真はあくまで参考程度でお願いします。

「真鍮」:アンティーク風な仕上がり!

【BLACK】:焦げ茶色で印刷ができました。線は均等な色の濃さですが、印刷面積の広いものは色むらができていました。刷り方も影響すると思いますが、線だとキレイそうです。アクセサリー作りに活かせそうです!
【WHITE】:こちらも少し色むらができています。白っぽくなっているところもあればキレイにエッチングのようになっているところもありました。

「ブリキ」:どちらも黒っぽくなる!

【BLACK】:濃い目のグレーで印刷できました。思っていたより黒に近いのでブリキ缶などに印刷したくなります。
【WHITE】:グレーで印刷できました。ところどころ白く印刷できているところもありますが、ブリキは黒で印刷するほうが良さそうです。

「ステンレス」:さすがステンレス!

 【BLACK】:ステンレス用だけあって、ばしっと黒色が発色しています。
【WHITE】:白いところがあまりなく、エッチングのような仕上がりになります。目立たせたくないけど、さり気なくアピールする際に使えそうな印象です。

「アルミ」白色の印刷がオススメ!

【BLACK】:ぼやぼやです。使い方によってはカッコよくもなりそうですが、活用が難しそうです。
【WHITE】:ばしっと白くなりました!ここまで白かったらありですね!
お弁当箱に印刷してみたくなります!

「B亜鉛引き鉄板」:ぼやぼやしている!

鉄板に亜鉛メッキを施してサビ防止加工にしたもの

【BLACK】:うすいグレー印刷となりました。斜めから印刷面を見ると印刷面はキレイに見えますが、正面から見るとぼやぼやと滲んだ仕上がりになりました。
【WHITE】:BLACKよりはキレイな仕上がりになりました。ただ印刷面積の広いところはまだら模様になっています。

「銅」:やわらかな仕上がり!

【BLACK】:うす茶色で印刷ができました。色が濃すぎず、薄すぎず、文字も読める程度でやわらかな印象を受けます。真鍮を同じくアクセサリー用に印刷するのもあり!
【WHITE】:印刷面積が大きいところは白っぽく、線は白っぽくなっているところもあればキレイにエッチングのようになっているところもありました。

「鉄」:渋い仕上がり!ブリキより印刷は薄い印象

【BLACK】:きれいに印刷できていますが、黒いというよりは渋いという印象を受けました。徐々に主観がまじり始めています!
【WHITE】:ほんの少し印刷の周りにぼやのようなものがかかっています。はっきりとした印刷には向かないようです。


 結果発表!!

ステンレス > ブリキ > 鉄の順番で黒く印刷できた。
白を見せたいならアルミがオススメ!
真鍮や銅は柔らかい、アンティークチックな仕上がりになる。
B亜鉛引き鉄板はぼやぼや!


今回の実験は一例です。素材によっては不純物が入っているので同じようには印刷できません。
ステンレス以外で印刷をする際はまず試し刷りがオススメです!
お店に今回の実験のテンプレートを置いておきますので、ぜひ手にとって見てみてくださいね!

----------
レトロ印刷JAMお店

2017年2月3日金曜日

ネオンカラーで3色刷り

おこんにちは!
ひさしぶりの投稿スタッフナカムラです。

今月半ばから続々発売するネオンカラー。
これまでも、違うメーカーさんのネオンカラーはあったんですが、
「刷りやすい!」とジワジワ評判をいただいているスリマッカインクでついに登場しますよ!

KOTTERIシリーズではないので、
濃い地での発色はどうしてもきれいに出ないんですが、
白地の上での発色は抜群にキレイです◎

早速サンプルを使って刷ってみましたよ~



多色刷りの時は、1色目を刷る時にしっかり位置を決めて刷るのがポイントです。
予めコピーしたもので位置を合わせます。





1色目を適当にいろんな位置に刷ってしまうと、
2色目以降を刷る時に位置を合わせるのがめちゃくちゃ大変です!
ホルダーや刷り台があれば作業は劇的に効率がいいですね。

1色目、ネオンピンク。





なんの絵柄かわからないですね。
そしてパソコンだときれいに写せないですね。
実物はもっと鮮やかできれいですよ~~。

次ネオンイエローを重ねて刷っていきます!
位置を合せて・・・刷り刷り!!



多少のズレはレトロ印刷の良いところ(?)。
2色目を重ねると文字っぽくなりましたね。


最後に、ネオングリーンを重ねて刷ります。
位置を合せて・・・刷り刷り!!


じゃじゃん!



文字が浮かび上がってきましたね~~
写真でネオンカラーの美しさを見せるのがなかなか難しいですが、
とてもきれいな仕上がりです~◎満足満足。

ちなみにこちらがレトロ印刷のフライヤー。



パッと見はただの模様に見えますが、よく見ると文字が浮かび上がってきます。
なかなか原稿作りが大変でしたが、きれいに仕上がって満足です○

スリマッカインクも気づけばネオンカラーを入れると18色にもなってました!
(ここだけの話、3月にはまた新色が出ますよ。キラキラしたあの2色)

そのまま刷るもよし、混ぜて刷るもよし!
いろいろ試してみてくださいね。


オンカラーはオンラインお店で順次発売


2017年1月22日日曜日

ツヤプリパウダーを使ってみた!

シルクスクリーンの新しい仲間が登場しました!
ツヤプリパウダーです!


これがあればお家で自分で簡単にツヤプリが楽しめます

20g 540円(税込み)です。

まずは通常通りシルクスクリーンを始めましょう!今回用意したのはプリンの絵です。
カラメルソースをつやつやプリプリに仕上げたい!!
そんな思いでサンプルを作りました。
布にパウダーがかけられないので今回は紙にツヤプリをします!
ぷり~~~~ん!

SURIMACCAを組んで、版を貼ります。


勿論インクはブラウンを使います。
刷ります。
いつもならこのまま乾かしますが、

が!!!

インクが乾いていない間にパウダーを振りかけます!

\乾いちゃう前に素早くねっ/
もりもりに振りかけました。
もはやプリンが見えない…笑

次は余分なパウダーをしっかり落とします。

\トントントンッ!!!!/
新聞紙など引いて作業しないと机が粉まみれになるので⚠注意⚠

インク部分以外に残っていると紙に滲んだような跡が出てしまうのでしっかり落としましょう

こちらが粉にまみれたプリンです。

ここから熱を加えていきます。エンボスヒーターがあると便利です。

見た目はドライヤーっぽいですが、
ドライヤーは熱が弱く、パウダーが飛んでしまうので使わないで下さい!

ご家庭でも使いやすい軽いタイプのエンボスヒーターがオススメ✨
エンボスヒーター 3,240円(税込み)

色が変わるまで(パウダーが溶けるまで)加熱します。

\ぶおぉぉぉぉぉぉぉぉ/


おおぉぉっ!!パウダーが溶けてきました!
何だか美味しそう!!(食べられません!!)


出来ました~~~!!!!
\ぷりっぷりっ/

つやつや感を写真で伝えるため、角度をつけて撮りました。(苦戦💦)
プリッとツヤっと仕上がりました!!!楽しい!!

エンボスヒーターがない場合も大丈夫!
トースターでも出来ます。


ただしっ!!!

薄い紙などは焼けてしまう恐れがあるので十分気を付けて下さいね!!

今回は『ぶあつい紙』で刷ったので、トースターでもやってみました!
キレイに出来ました~✨20秒前後ですかね~。
ご家庭のトースターによって変わると思いますので目安までに…

ちょっと紙の端が反ってしまったけど、均等に熱が当たるのか表面が若干キレイな気もします。
…気が…ね…

エンボスヒーターがあれば、トースターに入らないサイズの物や
薄い紙・薄い紙はもちろん、段ボールや木などの立体物もツヤプリ出来ちゃいます♪
無色のパウダーなので、どんなインクもOK!


そして、ハンコのオプションで販売している【エンボスパウダー】も遊べます。

\金のプリン/

\銀のプリン/


あなたが落としたのは金のプリンですか?それとも銀のプリン?





私は落としたプリンは食べません!!!!!笑


つやつや✨ぷりぷり✨のシルクスクリーンを楽しんでみて下さいね~!