2017年1月9日月曜日

シルクスクリーン2色刷りの合わせ方 コツ②

2色刷り、それはシルクスクリーンが一気に華やかになる瞬間…
少しのズレも楽しめるのも、いい所ですが、細かい部分もキッチリ合わせたい!
そんなお客さまも多いと思います。

キッチリ合わせたい!!!

そんな時は、データの作り方を工夫してみましょう!
データにトリムマークを付けると、細かい合わせも成功率アップ間違いなし✨

 今回用意したのはコチラのテキストデータ!左が塗りになる部分で、右が主線です。
シルクスクリーンなので、インクの詰まりを防ぐため、トリムマークは太くしました。(2pt)

こちらの巾着に刷っていきます。
 インクの裏移りを防ぐ為、刷りやすくする為、中に台紙を入れるのを忘れずに!

\入ってま~す/
刷る位置を決めていきましょう。原稿があれば、よりハッキリと決めることが出来ます。

\この辺りがいいかなっ!/
ここに置くイメージです。
大量に刷る場合なら巾着(刷る物)の位置、SURIMACCAを置く位置など
マスキングしておきましょう!

巾着には、トリムマークを刷らないように、マスキングテープでカバーしておきます。

写真は分かりやすいように、中に原稿を入れて透かして見ています。

こんな感じです!!太いマスキングテープ使いやすくてオススメです!
位置が決まったら早速塗りの部分を刷っていきます!

マスキングテープは最後に剥がすので残しておいてくださいね!

1色目が全部刷り終わったら次はいよいよ2色目!!
ここも【位置決め】が重要です!!!

 トリムマークを透かせながら合わせます。
ココ!と、位置が決まったら刷りましょう。
2色目のポイントは、”トリムマークを刷らない!”です。

インクが通ってしまうと下が透けて見えなくなるのでトリムマークを避けて刷ります。


 ↑写真のように刷りたい所にだけインクを乗せます。

 \じゃんっ!!/
 ピッタリ合わせることが出来ました✨あとはマスキングテープを剥がせばOK!

データを作る段階でも気を付けてシルクスクリーンの多色刷りを楽しんでくださいね!!

2017年1月8日日曜日

シルクスクリーン2色刷りの合わせ方 コツ①

『2色刷りで合わせ方がわからない💦』 『もっと簡単に合わせたい!』
そんなお客様からのお声を頂き、ちょっとしたコツをご紹介するためサンプルを作ってみました!

SURIMACCA専用XSサイズ(80×200mm)に
主線となる線画と、色を付けたい所の塗りを用意しました。


2つの絵柄はなるべく離れていた方が刷りやすいです。

版を2つ用意してもらう方が、汚れる危険も防げますし刷りやすいです。(理想)

版を貼ったのがコチラ!今回はハガキに雪だるまを刷っていきます。
同じサイズの物に、同じ位置に沢山刷る場合は【位置決め】が重要です!

まずは、刷りたい物の位置を決めます。
今回はハガキなので、厚紙をL字にセットして机に固定します。
こんな感じ!ここにハメ込むイメージです。バックなどは、机にマスキングテープで印をつけるのもオススメです。

ハガキの固定位置が決まったら、次はSURIMACCA(版)を置く位置を決めます。
ハガキの中央辺りに刷りたいのでこの辺かな~…


ハガキの固定と同じように、厚紙でL字を作ります。
先ほどより厚くしたいので厚紙3枚重ねました!
SURIMACCAが支えれる感じで固定するのがポイント!
コチラも、マスキングテープでしっかり固定しましょう!!沢山刷っているとズレてくるので注意!

位置が決まったら1色目を刷っていきましょう!

インクを乗せて~。刷る~~~~。
ハガキを先ほどの固定位置にハメ込んで、SURIMACCAをセットして刷る
→インクを乗せて~。刷る~~~~。

を、繰り返し1色目を全て刷りきって乾かしましょう。

さて2色目!!ここが重要!
今回はわかりやすいように、赤インクはそのまま乾かした版を使っています。
繰り返し使う場合は版を洗って乾かしてから、2色目を刷りましょう!


ハガキを先ほどの固定位置にセットし、下が 薄っすらと透けて見えるこのタイミングで
位置を合わせましょう。一度インクが通ってしまうと、下がほぼ見えなくなります…(泣)

位置が決まったら先ほどと同じようにSURIMACCAの固定位置を作りましょう!

ここからは、先ほどと同じ要領で刷るだけ!

インクを乗せて~。刷る~~~~。


じゃんっ!!!ピッタリ合いました!
もう位置はバッチリ決まっているので、そのまま刷り続けましょう!

ハガキを先ほどの固定位置にハメ込んで、SURIMACCAをセットして刷る
→インクを乗せて~。刷る~~~~。

の、繰り返しです。

位置決めが2色(多色)刷りのポイントなのです!!
たかが位置決め、されど位置決めです!!!!!



…位置を決めずに刷り始めてしまった…という方は、版の掃除が重要です。

 固定する位置を決めずに刷ってしまうと、1枚目はキレイに合わせることが出来ても
2枚目以降、下がほぼ見えず合わせるのに苦労してしまいます…

(あえてのズレを楽しむのもシルクスクリーンの魅力ではありますが…)

こんな時は版をウエス(端切れ)で掃除しましょう!
Tシャツの端切れなどがオススメ!
⚠雑巾や、ウェットティッシュなどは繊維が残ってけば立ってしまうので不向きです!ご注意を!

こんな感じの端切れにしましょう!

 版の裏面から掃除します。版のツルツル面

この方がわかりやすいでしょうか?裏面からくるくるとウエスを回すようにお掃除します。
この時しっかり拭き取らないと、汚れが出てしまうのでウエスに汚れが付かなくなるまで拭き取ります。


 版を掃除すると下が見えるようになるので合わせやすくなります!

どうしても見えない場合は、版を一度洗って位置決めをしてから刷りましょう!!


多色刷りも慣れればシルクスクリーンがもっと楽しくなりますよ~!
是非お試し下さいね~!!

2017年1月6日金曜日

シルクスクリーンで混色


シルクスクリーンの重ね刷りをいろんなパターンでやってみましたよ~。
レトロ印刷と同じで、重なる部分が混色するのがとてもおもしろいっ!



まずは1色。
ひとつの版で、色違いが作れるのはシルクスクリーンのいいところですね。
刷って洗ってを繰り返しました。



では、違う色を重ねていきます!




じゃじゃん!
いい感じ~~
色がたくさんあるって、たのしいですね~
刷る順番を変えると仕上がりも変わるので、単純ですが奥が深いです。

個人的に好きなのが、同じ色を重ねて刷った仕上がりが気に入ってます。
1色でもかなり遊べます。想像は膨らむばかりです。


今回刷った色サンプルは、近々お店でご覧いただけるようにしようと思ってます◎
参考にしてくださいねっ。

今年も刷りまくるぞーーー!

2016年12月19日月曜日

Sサイズの製版で年賀状を刷ってみた④

こんにちは~!12月も残り2週間切りましたね!
年賀状の受付25日迄にすれば元旦に届くよと郵便局の方も言ってますね。
聞こえない…まだ出来てない…(私)

シルクスクリーンで年賀状、今からだとちょっと時間が心配…
そんなあなたにオススメ✨

【総柄1色刷り】
1色だと寂しい?そんなことありません!
小さいハガキに刷るのも、慣れていないと位置がズレてしまったり、
ギリギリまで絵柄を入れるのも不安…
そんな時はA4サイズやA3サイズなど、大きな紙に刷って後からカット✂

お家のプリンターで通らない紙、ぶ厚い紙や、質感の面白い紙にも刷れるのが
シルクスクリーンの楽しい所~~!!
後からカットするので、トリムマークを付けてデータを作りました。


そのままだと0.3ptで細く、インクが詰まりやすくなるので
2ptでトリムマークを太くしています!


SURIMACCAにセット!

今回の紙は、くろ・ねずみ・エースボール・ガネーシャ

そしてやっぱり、ぶあつい紙!ホワイト・きなこ

それぞれA4サイズで用意しました。では刷っていきます!

余裕を待って真ん中にドーン!

寄せて刷れば2枚は入ります!
刷りやすい感じでやってみて下さいね!



どんどん刷ります~~~~


1色で刷るつもりでしたが、他の色も混ぜたら楽しいかも…
右・真ん中・左に、ネイビーをチョンチョンとのせてみました。



ミント×ネイビー!!
ちょっとグラデーションにしてみました~!
雰囲気変わってコレも楽しい!!



↑上がミントのみ。下がネイビーを混ぜた物です。
一つの版でもグッと雰囲気変わりますね~!紙もインクも遊べそう!

刷るたびに色はどんどん混ざっていくので注意!
全く同じにならないのでそれぞれに味わいがでますね~

さて、刷り終わったら乾かしてカッターと定規、マットを用意!
乾かしている間にSURIMACCAを片付けちゃいましょう!


トリムマークに沿ってカットします。



\✨出来た~~~✨/


ハガキサイズいっぱいのデザインは合わせるのが難しいですけど
後からカットなら気にならない!!!ギリギリまで絵柄をしっかり入れれます~!



総柄なら単色でも華やかじゃないですか~???


グラデーションバージョンも楽しい~!


紙によって仕上がりも様々♪どれを誰に送ろうかな~♪


個別にメッセージ書き込んでもOK!!
何だか間に合いそうな気がしてきましたね!

年賀状ラストスパートかけましょう!!!!
私も!!